趣味のお料理、お酒、海外,国内旅行、ダンスに子育て等、気ままな毎日の日記です♪
マグロとアボカドのサラダと牡蠣のリゾット
牡蠣といえば、子供の頃、生牡蠣が大好きでした 好きだというと実家の母がこれでもか~と云うくらい夕飯によく出してくれ、あまりに食べ過ぎ!?ついには見るのも嫌とい程苦手になってしまったのです そして留めに海外の暑い国で食べ、たぶんあたってしまいひどい目に合い、しばらく完全に食べられなくなりました その後何年か経ちカキフライだけは何とか食べられるようになり、ようやく今はどんな牡蠣料理でも食べられる様に復活したのでした
ちなみに、なまこの酢の物も大好きだったけど、水族館で初めてその姿を見て以来食べていないような...ハハハ

1122kaki1

日曜日の夕方、息子と家に帰ると夕食の用意が出来ていました~。(↑夫作)

1122kaki2

まぐろとアボカドと海老のサラダ(2人分)
《材料》まぐろのお刺身6切れ、アボカド半分、アンチョビ1枚、ケーパー10粒、玉ねぎのみじん切り小さじ1、ワインヴィネガー小さじ1 、バルサミコ酢 小さじ1,
EVオリーブ油大さじ3
*まぐろは角切りにし、塩、こしょうする。
*刻んだアンチョビ、ケーパー、玉ねぎの粗みじん切りを混ぜワインヴィネガーやバルサミコ酢も加えさらによく混ぜる。
*アボカドの皮をむき小さく切ってマグロもを加える。
*EVオリーブオイルを加え混ぜ、塩、コショウで味をととのえる。

アボカドがいい感じに熟していてマグロと一緒に食べると面白い食感に。

1122kaki3
<

牡蠣のリゾット(2人分)
《材料》かき1パック、白ワイン50cc、米1カップ、たまねぎのみじん切り大さじ1、水500cc、パルメザンチーズ大さじ2、クレソン半束。
*牡蠣、白ワイン、バターを小さじ2入れ蓋をし中火で蒸し、火が通ったら牡蠣を取り出す。
*オリーブオイルで玉ねぎをよく炒め、米を加え、油がまわったら水を数回に分けて入れながら煮る。(最後迄15分~18分くらい)
*八分通り煮えたら、牡蠣の煮汁を加えあともう少し煮る。
*米が煮えたら塩で味をととのえ牡蠣を加え、パルメザンチーズを加える。
*余熱でクレソンのみじんぎりを加える。

牡蠣が生臭くないかな~?と心配だったけど大丈夫でした。どちらも白ワインに合う~





      2つのランキングに参加しています。参考になった、作ってみよう等と思われたらお手数ですがクリックして頂けるととっても励みになります!


関連記事
この記事へのコメント
804. ラビット   URL  2009/11/25 12:06 [ 編集 ]
生かきは、未だに苦手で食べられません。
でもカキフライとか火の通ったものなら大好きですv-221
808. shoko♪   URL  2009/11/25 15:07 [ 編集 ]
ラビットさん

生牡蠣だめですか~?
ちょっと生臭いですしね。

息子も年齢と共に貝類の匂いが苦手になりつつありますe-445
811. BiBi   URL  2009/11/25 21:55 [ 編集 ]
こんばんは~♪

私も牡蠣は苦手でして。。。
このお食事、もしかして旦那様が作られたの???
でも、レストランみたいな完璧なメニュー♪
とっても美味しそう~~~
813. shoko♪   URL  2009/11/25 22:51 [ 編集 ]
BiBiさん

こんばんは。
牡蠣苦手な人って結構多いんですね~。

はい、こちらは全て夫が作ってくれましたe-319

BiBiさんは、パン作りもとってもお上手なんですね~
羨ましいe-349
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://shoko410.blog45.fc2.com/tb.php/202-ef3e8077
プロフィール

shoko♪

Author:shoko♪
夫婦でお料理、お酒好き。
旅行も大好き♪
14歳の野球少年との3人家族

★ 2014年4月〜
名古屋から→東京へ引っ越しました。
お上りさん気分の東京散策も楽しんでます^^

★☆★ 当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム

レシピブログ

リンク